かつて日本は養蚕業(カイコを育ててその繭から生糸を作る産業)が盛んに行われ、生糸を輸出することで日本の近代化を支えてきました。その裏側には、たくさんの蚕(カイコ)の命をいただいていました。しかし、現在では養蚕業は衰退し、国産シルクは消えかかっています。そのことを知ったとき、命にかえて日本を支えてくれたカイコに恩返しがしたい、文化を継承したいと思いました。
カイコは養蚕農家の方がたくさんの愛情をかけて育てています。

そんな愛情たっぷりな商品を“大切なあなた”に使ってもらいたい。そして今度はあなたの大切な方へ・・・
という様に、シルクで幸せの好循環(circulation)が出来たらという思いでCLOSと名づけました。

 

商品説明

1.

上品な光沢
シルクの断面は三角形です。プリズムと同様に、光が繊維の中で複雑に反射をすることで、脚を艶やかで美しく演出します。

2.

心地よい着用感
シルクは1本の太さが大変細いので、柔らかく履いていることを忘れるくらい心地よい着用感を実感できます。

3.

清潔な足元の持続
シルクには優れた吸湿性と放散性があります。長時間履いていてもべたつきにくく、サラサラとした爽快感が持続し、心地よく着用できます。*ナイロンの40倍の水を吸う

4.

美肌効果
シルクは第二の肌ともいわれるほど人と皮膚構造が似ています。吸湿効果により肌がしっとりと潤い、乾燥肌の方にも安心して着用いただけます。

5.

優しく包む暖かさ
シルクは保温性にも優れており冬でも脚元を暖かく包見込みます。

6.

丈夫で伝線しにくい
ポリウレタンを芯にナイロンを巻きつけてあるのが一般のストッキング。その上に100%シルクを巻きつけていることから丈夫で伝線しにくい。

7.

静電気防止
シルクは静電気防止効果があり、衣類へのまとわりつきやパチパチ感が起こりにくい繊維です。

 

​オンラインショップ

VOICE

 ストッキングについてですが、私はほぼ毎日ストッキングを履いているから、取り敢えず履ければいいかなという感じで何も考えずに履いていました。安価であればあるほど、扱いも雑になったり、伝線も頻繁でした。

 蒸れがあり、履いている間は足の痒みがあり、それは仕方のないものだと思っていましたが、さやかさんの、ストッキングの素材による蒸れからくる足の痒みの指摘は目から鱗でした。

確かにストッキングの素材を考えたら納得。シルクのストッキングは、実際に見ると上質なのは一目瞭然で、履いてみると肌触りがよくて、蒸れにくい気がします。

 母は、CLOSのストッキングはまた上が長いから普通のストッキングより履き心地がよくて、シルクで柔らかいから肌触りがよいと気に入ってます!

 
 

 SNS

New Release & info

 

コンタクト